エンジニアといえば、日本ではあまり給料が高いイメージのない職業です。
しかし、海外では日本よりも給料の水準が高い国が多いです。

この記事では、エンジニアが海外勤務を考える上で知っておかなければならないことや、海外勤務のメリット・デメリットなどをまとめました。

海外への転職ではJACがおすすめです。

エンジニアの海外勤務で多い国

IT業界で働く人にとって転勤はよくある話です。
海外での勤務を希望した人や、転勤を命じられた人など様々です。

日本から海外にエンジニアとして働きに行く機会が多いのは、主に以下の国です。

・中国
・アメリカ
・ヨーロッパ
・台湾
・タイ
・シンガポール
・韓国

中国とアメリカはダントツで働く機会が多く、海外勤務経験のあるエンジニアのほとんどがこの2国での勤務を経験しています。
中国とアメリカは、日本とも関係の深い経済大国であることが主な理由です。

海外でエンジニアとして働くメリット

エンジニアの活躍の場所は日本だけにとどまらず、世界中の国でその力を発揮することができます。

海外勤務する上でのメリットもたくさんあります。

日本よりも高収入を見込める

日本ではエンジニアという職業はそれほど給料が高いイメージはありません。
しかし、海外ではエンジニアやプログラマなどの職業は社会的にも高く評価されていて、給料も高いことが多いです。

実際に、IT大国であるアメリカのエンジニアの平均年収は、日本よりも相当高い水準となっています。

ヨーロッパ諸国でもエンジニアはとても大切にされており、高収入が見込めます。
また、アジアの新興国でも、日本と同じ水準で給料がもらえる国も多いです。

スキルをさらに磨くことができる

世界からエンジニアが集まる場所には優秀な技術力が根付いています。
また、海外に求人を行なっている大企業などにも優秀なエンジニアが集まりやすいです。

海外でエンジニアとして働くことで、日本では受けられない刺激を受けられ、自身のスキルにさらに磨きがをかけられます。

海外でエンジニアとして働くデメリット

海外勤務をする上でのリスクやデメリットも存在します。

デメリットもきちんと理解して海外勤務を考えることが大切です。

海外経験を避けられる企業もある

海外経験を持っていることにより、「すぐに他の職場へ行ってしまうのではないか」と、一部の企業から避けられてしまうこともあります。

しかし、海外経験を持つエンジニアがこのような企業を選ぶことは少なく、自分の勤務先の選び方次第でなんとかできるデメリットです。

治安や医療などの不安

海外には、日本ほど保険制度が充実していない国も多いです。

突然の怪我や病気で救急医療を受けることになった場合、一度で数十万円〜数百万円の請求をされることもあります。

もし海外勤務を考えているのであれば、海外滞在用の保険に入るなどしっかりとした準備が必要です。

海外勤務のエンジニアに必要なスキルや知識

語学は必須

海外勤務において、語学は必須スキルです。
エンジニアの仕事はただパソコンと向き合っていればいいというものではありません。

海外勤務だからこそ、より親密なコミュニケーションをとらなければならないことも多いです。

また、現地の言葉を喋るだけでなく、ノリの良さやユーモアなども必要になる場合もあります。

語学以外に必要なこと

海外で働く上で、その国の文化を理解して現地の人とうまくやっていくことも重要です。
語学よりも必要なスキルだといっても過言ではありません。

日本ではそれほど重要視されない宗教に関しても、海外ではそれが生活の基盤になるほど重要なものです。
適切な理解がなければトラブルになってしまいます。

また、それぞれの国では仕事に対する価値観や捉え方が微妙に違うので、それに馴染める適応力も必要です。

海外と日本のエンジニア

日本のエンジニアのスキル

日本のエンジニアの平均年収は440万円程度といわれています。
これに対し、アメリカのエンジニアの平均年収は898万円と、倍近くになっています。

日本はエンジニアのITスキルのレベルも低く、自主的に勉強する人の数が少ないことが原因ともいわれています。

日本の低い給与水準が、エンジニアのモチベーション低下をまねいているのかもしれません。
日本のエンジニア事情に閉塞感を感じている人は海外勤務も視野に入れてもよいかもしれません。

海外のエンジニアについてのおさらい

  • 給与水準の高さが、海外でエンジニアとして働くことの魅力のひとつです
  • 日本よりも高待遇で働くことができ、自分のスキルをさらに磨くことができます
  • 語学だけではなく、コミュニケーション能力や現地の文化理解なども必須なスキルです
  • それぞれの国で価値観や生活が少しずつ違うため、それに馴染める適応力も必要です

海外でエンジニアとして働くことのメリットやデメリット、それぞれの国の価値観や考え方を理解した上で海外勤務に臨みましょう。

収入アップやスキル向上のため、海外勤務に興味のある方は、転職を考えてみてもよいかもしれません。