転職するなら早い方がよいといわれ特に35歳を超えると転職は厳しいとも聞きます。しかし、40代や50代でも転職に成功している人はいます。

今回は、40代男性の転職について以下のような点を解説いたします。

・40代男性の転職事情
・転職が難しい理由
・転職に求められるもの
・有利な資格

今、実際に40代で転職を考えている方や、40代になったら転職しようか考えている若い人にも参考になるでしょう。

この記事の他にも以下では転職について役立つ情報を紹介しています、気になる方は合わせてご覧ください。

30代でする転職のポイントと、考え方や注意点について詳しく解説

転職活動が上手くいかない場合に確認しておくべきことや、注意点

教えます!転職のプロが選んだおすすめエージェントと、効率的な転職の仕方

 

40代男性の転職事情

20代に比べて30代、30代に比べて40代、と年齢が上がっていくと、求人数が減っていく傾向があります。企業としては、長く勤めてほしいという願いがあるため、年齢が若い方が必然的に勤務期間が長くなるという理由で年齢制限を設けているところもあります。

しかし、年齢が若ければよいかというとそうでもありません。40代、50代のミドル世代を必要としている会社もあります。例えば、即戦力で指導しなくてもすぐに会社の役に立ってくれる人材は欲しいという場合があげられるでしょう。

新人を教育するとなると時間と労力と費用がかかります。また、マネジメントや経営能力が優れており、経営立て直しのために経験豊富な人材が欲しいという場合もあります。

したがって、40代男性の転職は一般的には難しいですが、経験や実績がある人材は転職を成功させています。

40代男性の転職が難しい理由はなにか

40代の転職が難しいのは 高コストだから

企業側からすると、一番の問題はコストがかかりすぎる、という点です。年功序列ではない会社も増えてきましたが、それでも転職先で新入社員と同じ年収ということはあり得ません。企業はある程度の年収を支払う覚悟で、ミドル世代の転職を受け入れています。

そのため、20代、30代のように多く募集を出すことはせず、公開求人数が少なくなってしまいます。

40代の転職が難しいのは 部下が年上だと面倒

新しく入ってきた人には、仕事のやり方や会社のことについて指導しなければなりません。40代となると、多くの社員が年下であることが多いです。そして、上司も年下の場合があります。

会社では新人であることは変わりませんが、部下が年上となると、気軽に雑務を頼むことは難しいかもしれません。年上なので(部下なのに)態度が大きい人もいるかもしれません。

40代で転職が難しいのは 自分色が仕事ででてしまうから

経験が豊富な人材は会社にとってメリットですが、長年他の会社にいた人材は使いづらいともいわれています。その人自身や前の会社のカラーが強く、新しい会社のやり方に納得がいかないケースもあるためです。上司が指示をしても、自分のやり方に固執して進めてしまう人も少なくありません。

別の会社で長年積み上げてきた手法を使った方が、効率化をはかる上でよい場合もありますが、「郷に入れば郷に従え」という言葉もあるようにある程度、新しい会社の色に染まるつもりで働ける人間のほうが人間関係はうまくいきます。

40代男性の転職に求められるもの

40代男性の転職に求められるのは 経験

20代なら、採用側もこれから会社が指導して仕事をしてもらうという考えがありますが、40代であれば、その考えはほとんどないといってもよいでしょう。つまり、会社で教育するつもりはない、ということです。結果、会社として転職者に求めるのは経験を重ねたスキルです。

長年、営業職をやってきた人なら転職先で同じ営業職。システムエンジニアをやってきた人なら新しい会社でもシステムエンジニアを選択して受けなければ、なかなか転職は厳しいかもしれません。

同じ職種であれば、商品やサービスは違っていても、行うことの基本は同じです、新しい職場でも即戦力として力を発揮しやすいでしょう。

専門性も40代男性の転職に求められる

経験が豊富であることと同じくらい40代男性の転職に必要なことは、専門性です。

特にIT系、金融系の知識や経験が豊富だと年齢に関係なく重宝される傾向にあります。長年かけて身につけるものをしっかりと身に着けている、という点においては20代より40代の方が有利です。

転職理由の合理性が40代男性の転職には必要

どの時期の転職も同じですが、ネガティブな転職理由はあまりよい評価を得られません。特に40代男性の場合、本来ならば会社で管理職についたり、部下を指導する立場になっていることが多い年代です。わざわざリスクを背負ってまで転職をするのに、転職理由が伴っていないと採用側も不安になります。

転職理由を話す際、例として、以下のように複合的に話すことができるでしょう。

残業や休日出勤が多く、心身にこたえている→家庭環境と心身への影響を絡める
給料をアップさせたい→妻子や両親の介護などでお金が必要、家族も応援してくれている

40代男性の転職を受け入れている業種は何か

専門性の高い分野の企業が40代男性を受け入れている

40代男性というと、会社の中枢として働き盛りの年齢です。専門性の高い特定の分野で経験値が高く、スキルも伴っていれば、企業は受け入れたくなるでしょう。特に金融業界やIT業界などは長年の経験がモノをいう仕事でもあるため、狙い目かもしれません。

人手が足りていない業界が40代男性を受け入れている

人手が足りていない業界には、介護やタクシー、警備員などがあります。給与水準があまり高くなく、仕事もデスクワークだけではありません。若い人材もすぐ辞めてしまう業界であるため、常に人が不足しています。そういった業界ならば、年齢に関係なく受け入れ窓口は広いでしょう。

また、介護福祉業界に関しては、今後もなくなる可能性は低いので、スキルアップしていくことも望めます。

40代男性の転職で持っていると有利な資格

40代男性の場合、多くの資格を持っていたとしても企業によっては門前払いされてしまいます。年齢がネックとなっているためです。

持っていると転職先で即戦力と思われる専門的な資格は、電気工事士やファイナンシャルプランナー、介護福祉、第二種運転免許などです。中高年でも比較的募集も多い介護業界やタクシー業界、年齢制限のないファイナンシャルプランナーなどは取得しておくとよいでしょう。

40代男性の転職後のネガティブな事情

もしうまく転職できたとしても、40代男性の転職後の会社人生はなかなか大変なものがあります。役員のような重役として迎えられる場合は別ですが、大抵の場合、一般社員と同じ立場での就職となるでしょう。

入社後の大変さとして以下のような点を覚悟しておかなくてはなりません。

40代男性の転職後の事情 給与ダウン

40代である程度の給与をもらっていたとしても、新しい会社で給与アップはほとんど望めません。また、賞与や給与の上がり具合も同世代の男性社員に比べると低いことが多いでしょう。

40代男性の転職後の事情 覚えることが多い

今までなら普通にこなしていた仕事も新しい職場では勝手が異なります。どのような過程で、どんな承認がいるか、分からないときは誰に聞けばよいかなど仕事の進め方という点においては新人と同じです。

入社後覚えることが多いことを覚悟しておきましょう。

40代男性の転職事情についてのまとめ

  • 40代男性の転職は難しいが、経験や実績がしっかりとあれば、転職も成功している
  • 40代男性の転職にはより高い専門的な経験とスキルが求められる
  • 転職理由は複合的、合理的にまとめることが大切
  • 人手の足りていない介護福祉業界やタクシー業界などは受け入れ窓口が広い
  • IT系や金融系の業界は豊富な知識と経験が必要であるため、経験者なら転職しやすい
  • ファイナンシャルプランナーや第二種免許など仕事に直結する資格を持っていると有利

転職エージェントを利用すれば、実際に転職しなくても自分の適正年収や、キャリアプランの相談に乗ってくれます。

まずは転職サイト、転職エージェントを気軽に利用してみましょう。

業種&年代など経歴特化型転職エージェントの紹介と比較 

転職したい!その思いに答える16のエージェント解説と、効率的な転職の仕方

マナラボが特におすすめする転職エージェント・転職サービスは以下のとおりになります。

それぞれの特徴を申し上げると、管理職クラス・外資希望の方ならJAC Recruitment・20代ならリクルートエージェントをおすすめします。

JAC Recruitmentはリクルート、dodaに次ぐ第三の売上規模を持ち、外資系に関してはTOPの人脈を持ちます。自分の実力を活かせる場を探している方は特におすすめです。

JAC

年収アップを実現したい方に。外資系企業への転職はJAC Recruitment

また、ハイクラスは他にビズリーチもございます。

ビズリーチ

リクルートエージェントは最大手で、まず転職すべきか、今の会社の方がよいのかの相談に乗っていただけます。転職案件は各年齢全般に渡って用意しているのも最大手ならではです。まずはご自身の経歴から、適正の年収なのかを相談していみてはいかがでしょうか?

r-agent

dodaは転職サイトとエージェントの両方の側面をもっています。とりあえずどんな求人があるのかな?と気になった場合はdodaがおすすめです。またdodaの登録はとても簡単でオレンジ色のボタンから必須項目を入れるだけで5分での登録が可能です。転職案件は20代から30代向けがもっとも多いようです。

またdodaには各業界の年収を知ることができるページもございます。
簡易的なものですが、一度利用してみてはいかがでしょうか。

doda