数年前までは、転職は35歳以上では厳しいと言われていました。ハイキャリアのミドル層だけが、転職に成功していた時期もありました。しかし、実際にはミドルの転職は増えてきています。企業の採用の幅が広がっているのです。

ここでは、ミドルの転職理由、ミドル世代が求められるポイント、転職を成功させる方法を解説します。

ミドルでの転職は、その後のキャリアパスだけでなく、人生設計にも深くかかわるので、この年代の転職の特徴を把握しすれば成功させられます。

ミドル転職をする理由

ミドルとは、だいたいが30代後半から40代、50代の人のことをいいます。会社では管理職に就く人も多い年代でしょう。

そんな一見安定したように見えるミドル世代が転職を決意するのには、どんな理由があるのでしょうか。

会社の考えや風土があわない

若いころには、年収の多さで我慢をしたり、気力も体力も余裕があり、多少のことでは転職まで至らなかったでしょう。

ミドル世代は、管理職登用の時期などもあり、年齢的に自分のこれまでのキャリアや人生を振り返る時です。それゆえに、明確な自分のキャリアに対する観念がしっかりと出来上がる時でもあります。

今までの自分自身が感じた「やりがい」や「成長」から考えた時に、今の会社は自分が貢献するに値するかを考えるミドル世代が増えるのです。日常的なパワハラや長時間勤務が横行している会社なら、会社の考え方に疑問を持つ人もいるでしょう。

また、前向きに働く社員が足を引っ張られたり、探り合いばかりしたりの風土には、見切りをつけたくなる時もあります。

人間関係

ミドル世代でも、現役で働く期間はまだまだ長いです。

若いころには、長く働くことがあまりイメージできずに、職場の人間関係まで深く考えないこともあります。しかし、ミドルはこの先、一緒に働く人たちとの人間関係も気になります。

キャリアアップも重要ですが、仕事のやりがいや達成感につながる要素として、人間関係も重要です。

会社の将来性に不安がある

社会人経験が長くなってきたミドル世代は、会社の理念や方針などにも敏感になる世代です。

働き出して培われた自分の仕事観が、会社の信念や事業方針とかみ合わず、会社の将来に希望を見いだせなくなる人もいるでしょう。

また、リーマンショック以降、会社の経営状態が悪くなったり、M&Aで経営母体が変わっていたりしたら、周りが見えるようになったミドル世代だからこそ、なおさら将来に不安を感じることもあります。

ミドルの転職で面接官が重視するポイント

仕事観がしっかりしたミドル世代は、会社の中での評価よりも、転職市場での評価が高くなる傾向にあります。

しっかりした仕事観は、会社への定着率が高いことが見込めるし、貢献度も高くなる期待があるからです。この仕事観について、ミドル世代なら上手く伝えることもできるでしょう。

さらに、面接する企業側がミドル世代に求めるポイントを、しっかりと把握しておくと転職に有利になります。ミドル世代が求められることには、以下のようなものがあります。

ミドル世代が求められるポイント1:専門性

ミドルの転職には、専門性が求められます。

しかし、理数系の専門的なスキルなら、具体的な資格や言葉で説明しやすい専門性ですが、業種によっては、なかなか説明しにくい場合があります。

そんな時には、ちょっと視点を変えて考えてみましょう。自分が持っている強みを、経験に結びつけてストーリー性のある説明で、自分自身がしっかり把握していることを確認してみてください。また、その説明はポジティブな表現にします。

すると、自分の専門性がみえてきます。可能であれば、そこに成果の具体的な数字を散りばめられると、説得力が増すでしょう。

ミドル世代に求められるポイント2:マネジメント能力

特に40代のミドルに求められるのが、ただの優秀なプレーヤーになることではなく、マネジメント能力です。

マネジメント能力は、実際に役職についていたことそのものではありません。会社の仕組みを理解し、全体を見ながら部下を統率していく能力で、そのベースは会社の理念や方針、経営戦略を理解していることです。

また、後輩を育成していく能力も、同時にアピールできるといいでしょう。リーダーや主任でも、マネジメント能力はアピールできるポイントです。

そこをうまく説明出来るのが、ミドル世代ならではの話術でしょう。

ミドル世代に求められるポイント3:人柄

ミドル世代の転職では、人柄も重視されます。社会人経験が長いと、中には傲慢な人も多いのではないかと採用側は懸念します。

経験に関係なく、新しい会社に入れば、新しい会社では新入社員になります。新入社員であることを理解して、環境に早くなじむように周囲とうまくできる協調性や謙虚な気持ちを持てる人柄が好まれます。

そのうえで、部下がいれば信頼をしてもらえるリーダーシップを発揮できるような人柄と才能・スキルが大切です。

ミドル世代に求められるポイント4:柔軟性

ミドル世代は組織の仕組みを理解していることが前提なので、仕事で何が大切か知っていると思われています。

だからこそ、自分の経験や知識を柔軟に活かし、予測不能な事態や課題に対して対応して、自分やチームの評価へ結びつけていかなければいけません。

また、周囲への影響を与えるような仕事ぶりも期待されるでしょう。柔軟性を発揮して、チームをまとめることを期待されます。

ミドルの転職を成功させるには?

ミドルの転職には、ミドルにあった求人を探すことが成功のキーポイントになります。それには、2つの方法がおすすめです。

転職エージェントを利用する

転職エージェントには、ミドル世代の転職に強いところがいくつかあります。

ハイクラス転職だけでなく、ミドル世代歓迎の求人や非公開の情報も持っているエージェントもいるので、チェックしてみましょう。いくつか比較して、自分に合うエージェントを見つけるのが大切です。

知人に紹介してもらう

ミドル世代の転職では、スキルよりも人柄を重視する企業もあります。

そういう企業では、紹介による転職も受け入れているところも少なくありません。そのような場合には、知人の紹介は人柄の保証があると見なされるので、転職に有利に働きます。

ミドル世代の転職に関するおさらい

ミドル世代の転職に関するおさらいは以下の通りとなります。

  • ミドルの転職は、ハイクラスなものばかりと思われていたが、現在はそうではない
  • ミドル世代が転職を決める理由は、会社の考えや風土があわない、人間関係、会社の将来への不安などがある
  • ミドルの転職で面接官がみるポイントでは、専門性、マネジメント能力、人柄、柔軟性など
  • ミドルの転職を成功させるには、非公開の情報も持つ転職エージェントを活用したり、知人に紹介してもらったりするのがおすすめ

自分のことをしっかり把握して、求める側の視点からアピールすれば、ミドルの転職を成功させられるでしょう。

転職エージェントを利用すれば、実際に転職しなくても自分の適正年収や、キャリアプランの相談に乗ってくれます。

まずは転職サイト、転職エージェントを気軽に利用してみましょう。

業種&年代など経歴特化型転職エージェントの紹介と比較 

転職したい!その思いに答える16のエージェント解説と、効率的な転職の仕方

マナラボが特におすすめする転職エージェント・転職サービスは以下のとおりになります。

それぞれの特徴を申し上げると、管理職クラス・外資希望の方ならJAC Recruitment・20代ならリクルートエージェントをおすすめします。

JAC Recruitmentはリクルート、dodaに次ぐ第三の売上規模を持ち、外資系に関してはTOPの人脈を持ちます。自分の実力を活かせる場を探している方は特におすすめです。

JAC

年収アップを実現したい方に。外資系企業への転職はJAC Recruitment

また、ハイクラスは他にビズリーチもございます。

ビズリーチ

リクルートエージェントは最大手で、まず転職すべきか、今の会社の方がよいのかの相談に乗っていただけます。転職案件は各年齢全般に渡って用意しているのも最大手ならではです。まずはご自身の経歴から、適正の年収なのかを相談していみてはいかがでしょうか?

r-agent

dodaは転職サイトとエージェントの両方の側面をもっています。とりあえずどんな求人があるのかな?と気になった場合はdodaがおすすめです。またdodaの登録はとても簡単でオレンジ色のボタンから必須項目を入れるだけで5分での登録が可能です。転職案件は20代から30代向けがもっとも多いようです。

またdodaには各業界の年収を知ることができるページもございます。
簡易的なものですが、一度利用してみてはいかがでしょうか。

doda