派遣は、派遣先での身分や立場をどうしてもあやふやに感じてしまい、派遣後しばらくして辞める人が多い傾向があります。

辞めたいと思う時によくある理由は何か、実際辞めたいとなった時どうすればいいのか、また気になるその後の転職活動についても解説します。

派遣を辞めたい、よくある理由

給料が少ない

給与が少ないから派遣社員を辞めたいと思うのは、派遣先の正社員との比較です。派遣社員としての給与は最初の契約時に聞いていて、ある程度納得しているはずです。

しかし、実際に派遣先で仕事をし始めて、派遣先の正社員と同様の仕事、あるいは、仕事で求められるレベルがそれ以上であるにもかかわらず給料などの待遇が低いとわかって、やる気をなくすことがあります。

人間関係

同じ職場で働く仲間とはいえ、雇い主が違うためにコミュニケーションがうまく取れないことが発生しやすいです。

通常なら仕事に関する相談や質問を気軽に相談し合うのですが、派遣先での仕事の仕方が、「派遣業務」と「正社員の業務」が切り離されていると、どうしても溝ができ人間関係が上手くいかなくなります。

また、仕事を管理する派遣先の上司が、派遣社員の仕事について無理解だったり、逆に厳しく求めすぎたりした結果、出来て当たり前と思われることも多いです。

仕事の内容

本来、派遣社員が派遣先で担当する仕事の内容については、派遣会社と派遣先が、どこまでどうするかという契約を結んでいるのですが、実際の職場では簡単に線引きをすることが難しい場合があります。

つまり、良かれと思ってある程度好意的にやったことが余計なことになってしまったり、事前に派遣会社から聞いていた仕事内容に沿って忠実におこなっているにも関わらず、派遣先ではやるべきことをやってくれないといった不満やマイナス評価に繋がることがあります。

派遣を辞めたい場合のポイント

ポイント1:派遣会社へ申し出る

派遣をを辞めたいと思った時、最初に申し出るべき場所は自分と雇用契約をしている派遣会社です。順序としては、派遣先の担当者に辞めたいと思っていることについて「相談」します。

直接会える機会がない場合は、派遣先で困っていることについて電話で一報しておきます。そして、機会を見て直接会って詳細を話します。

給与であれば上げてもらえる可能性はないのか、人間関係や仕事内容で困っていることについては、一旦派遣元から派遣先に改善の要求をしてもらいます。

ポイント2:辞める決断は少なくとも1ヶ月前に

話し合っても無理な場合は契約解除(退職)を申し出るしかありません。場合によっては、派遣先との相性もあるので派遣先を再検討してくれることもあります。

問題を抱えたまま派遣を続けるのは、ストレスにもなり精神的にも体力的にも負担が大きくなるため、1か月先を目途に契約解除を申し出るといいでしょう。

ポイント3:周囲に伝える時期は辞める1週間前程度がベスト

1か月後の契約解除を申し出て、派遣会社の上司が承認したとしても、緒に働いているメンバーなど、周囲にすぐに言うことは差し控えます。

早く言いすぎると周囲とコミュニケーションが悪くなり、仕事に支障をきたします。

また、派遣会社から派遣先へ連絡が行ったのを確認した後、少なくとも1週間前で十分です。

ポイント4:辞める理由の伝え方

辞める理由は、派遣会社に正直に伝えます。派遣先での問題や不満は、自分として筋が通らず、また、改善もされなければストレートにそれが理由で辞めると伝えます。

しかし、派遣先の管理者や周囲の社員には曖昧にしておくほうがよいでしょう。派遣会社の給与や、派遣先での仕事内容などの辞める理由を言っても派遣先の社員とは無関係であり、愚痴にしか聞こえません。

辞める時は、「一身上の理由で辞めることになり、お世話になりました。」とあいさつ程度に述べるにとどめましょう。

派遣社員を辞めた後

同じ派遣会社で紹介してもらえるか

派遣社員を辞める時は、バックレたり、派遣先に迷惑をかけるような辞め方でない限り、今後の紹介は十分可能性があります。

再紹介の基準は、派遣先の社員とうまくコミュニケーションを取り、求められるレベルの仕事ができるかどうかということと、派遣会社の提示する給与面の折り合いです。

正社員を目指した転職活動もあり

しかし、派遣会社の提示する給与にやはり納得できない時や、派遣先の仕事内容や職場環境が自分の目指すものとは異なる時は、再契約で違う派遣先を検討してもらうのではなく、正社員を目指した転職活動を考えた方がよいかもしれません。

当然ながら、派遣社員の仕事には限界があり、将来のキャリアアップで安定した雇用や人間関係を考えるなら、直接企業に雇用される正社員をめざすという道がベターです。

派遣社員に関するおさらい

派遣社員に関するおさらいは以下の通りとなります。

  • 派遣社員を辞めたくなる理由として、給料が少ないこと、人間関係、仕事内容などがある
  • 派遣を辞めたくなった場合、まずは派遣会社の担当者に「相談」する
  • 辞めたいと思っている理由によって、派遣会社から派遣先に改善を求めてくれるが、改善されない場合はなるべく早めに、できれば1ヶ月前には派遣会社に契約解除(退職)を申し出る
  • 派遣先の周囲の人には、派遣会社に申し出て承認してもらった後に報告をする
  • 周囲に辞める理由を述べる際は、「一身上の理由で」といったように出来るだけ曖昧な理由にしておく
  • 理由をしっかり述べて正式な手続きで辞めれば、派遣会社での再雇用は可能
  • 給与面や仕事内容で不満足な場合は正社員採用を目指して転職活動をする選択肢もある

転職エージェントを利用すれば、実際に転職しなくても自分の適正年収や、キャリアプランの相談に乗ってくれます。

まずは転職サイト、転職エージェントを気軽に利用してみましょう。

業種&年代など経歴特化型転職エージェントの紹介と比較 

転職したい!その思いに答える16のエージェント解説と、効率的な転職の仕方

マナラボが特におすすめする転職エージェント・転職サービスは以下のとおりになります。

それぞれの特徴を申し上げると、管理職クラス・外資希望の方ならJAC Recruitment・20代ならリクルートエージェントをおすすめします。

JAC Recruitmentはリクルート、dodaに次ぐ第三の売上規模を持ち、外資系に関してはTOPの人脈を持ちます。自分の実力を活かせる場を探している方は特におすすめです。

JAC

年収アップを実現したい方に。外資系企業への転職はJAC Recruitment

また、ハイクラスは他にビズリーチもございます。

ビズリーチ

リクルートエージェントは最大手で、まず転職すべきか、今の会社の方がよいのかの相談に乗っていただけます。転職案件は各年齢全般に渡って用意しているのも最大手ならではです。まずはご自身の経歴から、適正の年収なのかを相談していみてはいかがでしょうか?

r-agent

dodaは転職サイトとエージェントの両方の側面をもっています。とりあえずどんな求人があるのかな?と気になった場合はdodaがおすすめです。またdodaの登録はとても簡単でオレンジ色のボタンから必須項目を入れるだけで5分での登録が可能です。転職案件は20代から30代向けがもっとも多いようです。

またdodaには各業界の年収を知ることができるページもございます。
簡易的なものですが、一度利用してみてはいかがでしょうか。

doda