ふるさと納税の話を耳にしていて、気になりつつもまだやったことのない人も結構いるのではないでしょうか。ふるさと納税は自分の故郷はもちろん、他の地域の支援もできて、その街の特産物などの返礼品ももらえる素敵な制度です。

今回は福井県のふるさと納税についてご紹介いたします。

ふるさと納税とは何か

総務省が導入を決めたふるさと納税。納税という名前ですが、実際は寄付です。寄付で集めた資金を利用して、その地方を活性化させようという目的があります。ふるさと納税には以下のような3つの特徴があります。

・ふるさと納税の納税者が寄付先を決められる
「ふるさと」と名前がついているものの、自分の本当のふるさと以外の地域にもふるさと納税を行うことができます。寄付する人が好きな自治体を選択し、寄付することができる仕組みがふるさと納税です。

・住んでいない地域にも貢献できる
ふるさと納税の納税先は募集している地域ならどこでも選択できます。自分のふるさとはもちろん、自分が住んだことのない地域に納税することもできるのが特徴です。個人的に応援したい自治体やゆかりのある自治体を選び、間接的に支援をする事が可能です。

・自治体はふるさと納税を通して全国に地域をアピールできる

ふるさと納税は自治体にもメリットがあります。ふるさと納税を行うことによって、自治体は全国に名前を覚えてもらうことができるだけでなく、地域の特産品のPRもできます。観光誘致にも活用でき、地方の経済が活性化する可能性を秘めています。

わかりやすい!ふるさと納税とはなにか、仕組みやメリットについての解説

福井県小浜市ってどんなとこ?

●小浜市の場所、人口
福井県小浜市(おばまし)は福井県南西部に位置しており、昔は若狭国と呼ばれていました。古代から「御食国(みけつくに)」と呼ばれ、漢字の通り、歴史的に見ても、食に恵まれた地域です。

塩や海産物などの食材を都に運び、都の食文化を支えてきました。今も昔ながらの食事や祭礼などの文化が残っています。平成29年度の人口は約30,000人です。

 

小浜市の観光名所
福井県小浜市は海も山もあり、自然を満喫できるでしょう。小浜市の北側にある蘇洞門(そとも)は若狭湾(わかさわん)に面し、海外戦の一部はリアス式海岸です。南には東西に走る山岳があり、一部は滋賀県との県境まで続いています。

小浜市田鳥では棚田(たなだ)が有名で、海に面した小さな水田の棚田を見ることができます。春にはキャンドルの灯りで棚田がライトアップされている事が特徴です。

昔からの食文化が残っており、特産品を小浜市まちの駅で買うことができます。まちの駅の施設の一部は明治時代の芝居小屋を復元した小浜市指定文化財「旭座(あさひざ)」です。

明治時代は全国に3,000以上あったといわれていますが、現在では30数カ所まで減り、福井県ではここ1ヶ所のみの非常に貴重な建物です。

小浜市は伝統工芸品も古くから発達している地域です。伝統的な若狭塗箸(わかさぬり)は全国でも人気が高く、これらの箸を展示しているのが箸のふるさと館WAKASAです。約3,000種類のお箸が展示されており、若狭塗箸の研ぎ出し体験なども行われています。

 

●小浜市の特産品
小浜市は昔から鯖をはじめ、海産物がよく獲れる地域として有名です。鯖へしことよばれる若狭の家庭用保存食、浜焼き鯖、焼き鯖すし、寿司のルートといわれている馴鯖などがあります。また、とらふぐやずわいがに、かき、かれいなども美味しく、人気が高いです。

また和菓子では水ようかんと、でっちようかんが有名です。水ようかんやくずまんじゅうは夏の和菓子、でっちようかんは冬の和菓子として地元の人に親しまれています。

小浜市は大陸文化の玄関口としての一面もあり、伝統産業が盛んです。若狭めのう細工、若狭粘土瓦、若狭塗箸、若狭漆器は国指定伝統工芸品、若狭和紙は福井県郷土工芸品です。

若狭めのう細工は海外でも評判が高く、観光客のお土産としても人気が高いです。若狭塗箸は日本の塗箸の80%以上のシェアを誇っている産業でもあります。

福井県小浜市のふるさと返礼品

福井県小浜市の売りはなんといっても海産物でしょう。福井県小浜市のふるさと返礼品には越前カニ、セイコガニ、鯖、海鮮の缶詰や練り物などがあります。ふぐのフルコース付のペア宿泊券でふぐ料理を堪能するのも人気です。

伝統工芸品の若狭塗箸やレザー職人による革製品、木製の食器などもふるさと返礼品として用意されています。

福井県越前町ってどんなとこ?

●越前町場所、人口
福井県越前町(えちぜんちょう)は福井県の北西に位置しており、日本海に突き出した越前岬がある町です。

海岸部は越前加賀海岸国定公園(石川県加賀市の加佐ノ岬から福井県敦賀市の田結崎までの100km余りの海岸線とその周りを指定した国定公園)の指定を受けており、自然と海が堪能できます。

越前がにが有名で、福井の冬を代表する味覚の王様といえるでしょう。平成29年度時点での人口は約23,000人です。

 

●越前町観光名所
越前海岸は日本水仙三大群生地のひとつです。面積が60〜70haで日本の最大の群生地で、満開の時期には斜面一面に白い水仙の絨毯(じゅうたん)が広がります。

越前町には合わせて5つの温泉が湧き出しています。日本海に沈む夕日を眺めながら温泉を楽しむことができます。

自然の楽しみ方として、国定公園に指定されている越前海岸も越前町ならではの風景です。

リアス式海岸(せまい湾が複雑に入り込んだ沈水海岸)の若狭とは対照的な隆起海岸(海底の地形が平坦で、単調な形の海岸線)で断崖絶壁のロケーションです。

越前町は実は織田家発祥の地ともいわれています。国宝や織田の文化を知ることのできる越前町織田文化歴史館もあります。

 

●越前町特産品
福井県越前町の特産品といえば、まず思い浮かぶのが越前がにでしょう。全国のズワイガニの中でもトップブランドとして知られています。福井県越前町なら本場の味が楽しめます。

福井県越前町は焼物も盛んです。越前焼は日本六古窯のひとつで、平安時代末期から続く、長い歴史を持った伝統工芸です。素朴で頑丈なので、飽きずに長く使われる焼物として人気があります。

福井県越前町のふるさと返礼品

福井県越前町は海の幸に恵まれています。福井県越前町のふるさと返礼品には越前がに、せいごがに、のどぐろ、甘えび一夜干し、かれい、はたはた、鯖のへしこなど多くの海産物が用意されています。

また、伝統工芸である越前焼の湯のみ、マグカップ、そば鉢なども見られます。

福井県美浜町ってどんなとこ?

美浜町の場所
福井県美浜町(みはまちょう)は福井県の南西部に位置しています。その名前の通り美しい海岸があり、地元の人や観光客に人気があります。特に「水晶浜」は日本海の澄んだ水と白いきめ細やかな白浜で、「日本の水浴場88選」に選ばれています。

また、ラムサール条約登録湿地に認定されている「三方五湖」は若狭湾国定公園を第方する景勝地です。自然、特に海の景色を楽しむのに最適な場所でしょう。とはいえ、南には三山林が広がり、町土の役8割は山林で、海、山、川、湖全てが凝縮された町で、人口は約10,000人です。

 

●美浜町の観光名所
福井県美浜町の西側は海岸、南は山林と自然が豊かな場所です。漁業体験や農林業体験、酪農体験ができる施設があります。山登りが好きな人はトレッキング、海が好きな人は海水浴、川では鮎やニジマス釣りなど、アウトドアを多く楽しむ事ができるでしょう。

 

●美浜町の特産品
福井県美浜町は「へしこの町」と宣言しています。へしことは、若狭地方に伝わる冬の保存食で、魚のぬか漬けです。独特の旨味が昔から人気で、酒の肴にもなります。

鯖が獲れる地域であることから、鯖寿司も特産品の一つです。他に獲れる海産物にはあなご、わかめ、甘鯛、えご、しじみなどがあります。

海産物以外の特産品は地酒や若狭ビールです。若狭ビールは福井県初の地ビールで3種類の味が楽しめます。

福井県美浜町のふるさと返礼品

海産物が豊富に獲れる福井県美浜町のふるさと返礼品には、若狭湾の天然活アワビやイカ、カニ、甘エビ、カワハギ、アオリイカ、鯖、サザエ、あんこうなど多くの魚介類が見られます。

また、綺麗な水で作ったお米や福井梅干し、日本酒なども用意されています。

福井県のふるさと納税返礼品についてのまとめ

福井県小浜市、越前町、美浜町のふるさと納税についてご紹介いたしました。

福井県は海の幸が豊富で自然の景色も綺麗な場所です。山、川、海、川でそれぞれのアクティビティが楽しめる素敵な場所です。

福井県小浜市、越前町、美浜町にご興味をお持ちになりましたら、ふるさと納税に参加してみていただければ、と思います。