ふるさと納税は様々な地域の支援もできて、その街の特産物などの返礼品ももらえる制度です。ここでは、広島県へのふるさと納税を考えている方や、ふるさと納税そのものがどんなものか知りたい方に、広島県の3つの自治体のふるさと納税をご紹介します。

ふるさと納税とは何か?

ふるさと納税とは、お世話になった自治体や応援したい自治体に寄付ができる制度のことです。

ふるさと納税をおすすめする理由は以下の5つです。

  • 好きな自治体を選べること
  • 寄付金の用途も指定ができること
  • 実質負担2,000円で税金の控除があること
  • 応援した自治体から特産物などのお礼の品(返礼品)が届くこと
  • 限度額以内なら複数の自治体に寄付をする事が可能。

ふるさと納税は、節税できるうえに、地方でしか手に入らない特産品などの返礼品の楽しみがあります。返礼品を目当てに、ふるさと納税先を決める人も少なくありません。

以下ではふるさと納税を更に詳しく解説しています、この記事と合わせてご覧ください。
わかりやすい!ふるさと納税とはなにか、仕組みやメリットについての解説

広島県大竹(おおたけ)市はどんなところ?


大竹(おおたけ)市は、山口県の岩国市や和木町とつながって、大きな都市圏を形成する市です。

人口27,000人ほどの市は、南部の小瀬川の豊富な良水にも恵まれ、戦後直後には引き揚げ港として発展しました。

その後、日本最初の石油化学コンビナートができたのをきっかけに、紙パルプ・化学繊維などの企業が立地し、瀬戸内(せとうち)工業地域の一拠点として発展し続けています。

市の北西部には中国山地があり、自然豊かな地域もあり、山側には、県立自然公園の三倉岳(みくらだけ)や、天然記念物になっている蛇喰磐 (じゃぐい いわ)などがあります。

海岸線は工業地帯だけでなく、宮島を臨む瀬戸内海や市の一部の阿多田島(あたたじま)が浮かび、風光明媚な瀬戸内らしい光景も広がっています。

大竹市は、広島県で唯一の手漉き和紙の産地でもあり、和紙で作った鯉のぼりが有名です。駅前商店街にある“大竹和紙工房”は、和紙すきの体験などができる観光スポットです。

山間部の三倉岳(みくらだけ)は、ロッククライミングの聖地として有名です。登山も可能ですが、その道のりは険しく、中級者以上におすすめです。

市内には、滝が有名な錦龍(きんりゅう)公園や川床の岩盤に大小さまざまな穴があいていて、不思議な自然を感じられる蛇喰盤(じゃぐい いわ)など、ファミリーでも楽しめる夏の水遊びスポットも点在しています。

広島県大竹市の返礼品について

大竹市の返礼品に数多く揃うのが、地元文具屋さんセレクトの万年筆「ソネット」です。万年筆と大竹和紙のレターセットや、広島をモチーフにした蒔絵(まきえ)が描かれた高級多機能ペンなどが揃います。

大竹市は、医療用手袋の生産でも有名です。その技術を活かした、家庭でつかうゴム手袋が広島らしいデザインになり、返礼品として登場しています。「カープどーんと鯉ゴム手袋とカープコラボボールペン&シャープペンセット」は、熱狂的な広島カープファンにおすすめです。

他にも、寄付金額10,000円から広島産黒毛和牛の様々な部位のお肉がラインナップされています。

広島県安芸太田町(あきおおたちょう)ってどんなところ?

安芸太田町
安芸太田町(あきおおたちょう)は、人口6,000人ほどの小さな町で、島根県に隣接する山間部に位置しています。

県内でも最も人口が少なく、少子高齢化が進む過疎の町ですが、広島の母なる川、太田川源流域の自然が自慢です。町の面積の約90%を森林が占めており、広島県でもかなりの山間部のため、冬には雪が降り、真っ白な景色が広がっています。

三段峡(さんだんきょう)は、日本の渓谷5つの特別名勝(国が文化財保護法に基づいて指定した場所)に選ばれたことがある有名な場所です。紅葉シーズンに多くの観光客でにぎわいます。

また、1年に春と秋の4日しか一般公開がない庭園の吉水園(よしみずえん)は、その時期にあわせて安芸太田町を訪れるだけの価値があるでしょう。

広島県安芸太田町の返礼品について

安芸太田町の返礼品は、寄付金額5,000円からの返礼品が揃い、ふるさと納税初心者でもトライしやすい自治体です。

現在の安芸太田町の人気の返礼品は、本場ドイツで技術を学んだ職人さんが作るソーセージのセットです。

また、他の人気返礼品では、三段峡近くの鉄道用試掘トンネル跡内で、樽熟成貯蔵されたウイスキーや、林業も盛んな安芸太田町産のひのきの1枚板を使ったまな板も人気としてあげられるでしょう。

安芸太田町の産業を活かした、返礼品もおすすめです。柿古品種『祇園坊柿(ぎおんぼう)』は、安芸太田町が日本一の生産を誇る逸品で、その干し柿も返礼品にラインナップしています。

また、広島産ブランド黒毛和牛「見浦牛」は、赤身が豊かな旨みを持っていると有名です。特産品が数多く揃うのが安芸太田町の返礼品です。

広島県世羅町(せらちょう)ってどんなとこ?

世羅町
広島県の中央にある世良町は、人口15,000人程度で、標高350m~450mの通称「世羅高原」に位置します。

穏やかな気候と豊かな風土に恵まれ、昼夜の寒暖差も大きいことから、米をはじめアスパラ、キャベツ、トマトなどの野菜、ナシやリンゴ、ぶどうなどの果物の生産が多いです。

また、観光農園や農作物の販売所などが多く、地元ブランド牛「世羅みのり牛」が人気です。交通の要でもある世羅町は、ホームセンターなどの大型店が集まり、備後(びんご)地方中部の商業の中心地としても機能しています。

観光客に人気のスポットは、観光農園の世羅高原農場で体験農業もできる施設ですが、圧巻のチューリップ畑が大人気の農園です。また、貯蔵庫の見学、ワインの試飲もできる:せらワイナリーでは、夏の期間にBBQができるコーナーや子供がのびのび遊べる広場もあるのも人気です。

市内には、香山ラベンダーの丘、ラ・スカイファーム、ビルネ・ラーデンなど花や農業体験を楽しめる場所が点在し、幅広い年代の人が自然の中で観光を楽しめる町です。

広島県世羅町の返礼品について

世羅町の返礼品で人気なのは、松きのこです。世羅町特産のきのこで、独特のシャキシャキした食感はどんな料理にしても美味しいとのこと。見た目・大きさともに松茸にそっくりです。シンプルな炭焼きや天ぷら、パスタなどのイタリアンにしてもよいでしょう。

農業からの特産物も多く揃っている、世羅町の返礼品。世羅高原野菜の詰め合わせや、オイル:えごま油や、せらワイナリーのワインのセットなども注目です。地元ブランド牛「世羅みのり牛」のセットも揃っています。

広島県の返礼品紹介のまとめ

  • ふるさと納税をすることで、これらの自治体の観光や産業に貢献できることは、自治体そのものだけでなく寄付する側もよい気分になれます。
  • ふるさと納税の手続きは、確定申告の必要がない会社員などが活用できる簡略化された「ワンストップ特例制度」などや控除上限額も増額されて利用しやすいです。
  • また、ふるさと納税のポータルサイトもいくつかあります、目的にあった自治体や好みにあった返礼品を検索でき便利です。