転職サイト

地方創生に貢献できるふるさと納税は、その返礼品も楽しみのひとつです。香川県にゆかりのある人は、ふるさと納税先として考えている人もいるでしょう。

ここでは香川県の、各自治体のバラエティー豊かな返礼品を解説していきます。

香川県高松市ってどんなとこ?

高松

四国の北東部、香川県の中央に位置する高松市は、四国の政治経済における中心的な役割を担っています。

国からは、中核市の指定も受けています。人口は420,000人ほどで、讃岐平野の一部である高松平野に位置しているので、全体的に緩やかな勾配の市街地です。

そのため、自転車利用者が多く「自転車王国」とのニックネームもあります。海に面した高松市自体は港町として発達してきましたが、内陸部は自然が多く残っています。

また、いくつかの島も高松市に含まれています。年間を通じて温暖な気候もあり、柑橘類やいちごなど高級フルーツの栽培も盛んな市です。

高松市の一番の観光スポットといえば、国の特別名勝でもある栗林(りつりん)公園でしょう。海外からの観光客にも人気で、観光版ミシュランガイドで最高評価の三ツ星をもらっています。桜、菖蒲、萩、梅と四季折々の花を楽しめる、日本を代表する大名庭園のひとつです。

また、古くから親しまれている観光地には、屋島もあります。高松市の東にあり、源平合戦の古戦場として知られる、メサ台地といわれる屋根型の溶岩台地です。ほかにも、四国村や高松城跡、イサム・ノグチ庭園美術館、四国八十八か所の5つの札所など魅力的な観光スポットがあります。

香川県高松市のふるさと納税返礼品

香川県といえば、全国的に有名なのは、やはり讃岐うどんでしょう。寄付金額5,000円から、人気の讃岐うどん店のセットが揃います。セットが何種類もあり、寄付回数の制限がないので、うどん好きな人はいろいろなお店のセットを食べ比べして楽しむこともできます。

温暖な気候を活かしたフルーツや野菜では、でこぽんみかんなどの柑橘類やかきやいちごなど種類豊富に揃えています。

ふるさと納税らしい地元の逸品として、庵治石(あじいし)の陶板焼き用プレートや花瓶、箸置きなど多彩な生活雑貨も見逃せません。庵治石は「花崗岩のダイヤモンド」とも呼ばれ、高松市の東部で産出される美しい石です。

人気の肉類だと高松市の返礼品では、希少価値が高く市場にはあまり出回らないブランド牛「オリーブ牛」が注目です。瀬戸内で栽培されたオリーブをエサに飼育された黒毛和牛は、脂があっさりしていて、牛とは思えないほどの軽さがあり、幅広い年代におすすめの牛肉です。

香川県さぬき市ってどんなとこ?

さぬき市

2002年、平成の大編成で5つの町が合併、市施行に移行したのがさぬき市です。

香川県の東部に位置し、内陸に向かって細長い形をした市です。瀬戸内海に面したところは、志度湾や津田湾を形成し、砂浜もある表情豊かな海岸線です。

市の中央部は高松平野で、数多いため池が田園風景をつくります。平賀源内の生誕の地としても有名なさぬき市では、奇想天外×温故知新をテーマに源内の改革プロジェクトというまちづくりを進めています。

市内には、歴史ある数多くの神社と四国八十八か所の3つの札所が点在しています。市内で有名な観光スポットは、津田の松原と日本ドルフィンセンターです。

約1kmにわたって続く松原が美しい津田の松原は、七福神にみたてられた松があり、それを辿りながらの散歩にもいい場所です。夏には、海水浴場としてにぎわいます。

日本ドルフィンセンターは、イルカと触れ合えるプログラムなどを備えた施設です。トレーナー体験やドルフィンスイムを経験できる、貴重な時間を過ごせます。家族連れにも大人気の施設です。

香川県さぬき市のふるさと納税返礼品

さぬき市の目玉返礼品は、肉類です。珍しいブランド牛オリーブ牛と、ブランド豚のオリーブ夢豚のハンバーグが揃います。寄付金額20,000円でオリーブ牛切り落とし1kgの返礼品は、地元ならではのコストパフォーマンスの高い一品といえるでしょう。

さぬきワイナリーを中心にワインロードを観光スポットとして推しているだけあり、ワイン複数本のセットがあるのも注目です。地元産ぶどうだけでなく、すもものワインもあります。

また、地元では愛される香川漆器の返礼品もあります。国産彫り抜き木地を落ち着きのあるカラーで仕上げた重箱や夫婦椀などは、和風にも洋風にも合う素敵な一品です。

珍しい一品としては、讃岐さーもんを使った漬け丼セットです。讃岐サーモンは、東日本大震災のときに被害を受けた東北のサーモン養殖業者から稚魚を買い、そのときから開始された養殖魚です。

脂がしつこくない讃岐サーモンは、身がプリプリして食べ応えがあるだけでなく、小豆島の醤油で仕上げた漬けはおすすめの返礼品です。

香川県直島町ってどんなとこ?

 直島町は、大小27の直島諸島からなる町で、その中心が直島です。

高松市からフェローで約1時間の位置にある人口3,000人強の町は、今ではアートの島として世界的に知られていますが、実は金(地金)は日本一の生産を誇ります。観光や工業だけでなく、農業・漁業も盛んで、特にハマチ、海苔などの養殖業が有名です。

島をアートの観光地として名実ともに有名にしたのは、ベネッセハウスミュージアムの設立がきっかけでした。その後、同事業で古民家や神社の再生したアート作品の家プロジェクトなどで知名度を上げました。

町中を使った、日本を代表する建築家:安藤忠雄の作品が町中に点在する、他では見られないアートの展示は、海外からも高評価を得ています。地中美術館は、モネの睡蓮と直島に関わった美術作家の作品を展示しており、こちらも人気のスポットです。

香川県直島町のふるさと納税返礼品

直島町

アートとオリーブに関連した返礼品がある直島町は、品数は厳選されていますが、アートファンにはたまらない品ぞろえでしょう。

日本を代表し、最近再び話題いっている前衛芸術家・草間彌生の代表的立体作品『南瓜』をモチーフにした直島限定のオブジェは、寄付金額50,000円の高級返礼品です。

また、地中美術館の限定品バッグの返礼品は、人気の吉田カバンとのコラボレーションなので、ファンは欲しくなってしまう一品でしょう。

返礼品に地中美術館の入場券やベネッセハウスの宿泊券があるので、タイミングを合わせて上手く活用できればかなりお得な返礼品になるでしょう。

 

香川県のふるさと納税返礼品の紹介のまとめ

  • 香川県の返礼品は、特産の讃岐うどんをはじめ、温暖な気候から盛んな高級フルーツやオリーブに関連した商品、地域ならではの特産品の返礼品が多いのが特徴です。
  • ふるさと納税では、給与所得のみの一般的な会社員であれば、手続きが簡単になる「ワンストップ特例制度」があり、申し込みのハードルが下がっています。確定申告も、今ではウェブ上での書類作成が可能になり、初めての人でも申告しやすくなっています。
  • そんな情報と四国の返礼品の情報などもまとめてチェックできる、ふるさと納税ポータルサイト「さとふる」は、アカウントを作れば複数の自治体に寄付をしたものを一括で管理することも可能です。

 

ふるさと納税、実際に納税したい方はさとふるふるなびをおすすめいたします。

お肉お米電化製品から工芸品まで、幅広い返礼品を取り扱っています。

ふるさと納税の人気ランキング

また節税対策としてふるさと納税を始めたい人向けに控除額の目安を提示しており、ご自身の収入にあった形で、返礼品の選択をすることができます。

ふるさと納税に関して、なにか疑問をもった場合はカイシャドコイクのコメント欄やお問合わせからも受付しております。なにかありましたら、お気軽にご連絡ください。

ふるなびへのリンクはこちら

さとふるへのリンクはこちら