「3年目」という言葉は、ひとつの節目を示す言葉としてよく使われます。「今の会社に入社して3年目」ともなれば、仕事や人間関係でいろいろ考えることが出てきます。「3年目の転職」がなぜ気になるのか、転職しない方がいい理由も合わせて紹介します。

3年目の転職が多い理由

「3年目」という言葉は、「石の上にも3年」や「3年目の浮気」などよく耳にします。ひとつのことに最低でも3年は我慢して頑張れという意味もあれば、反対に3年も経過すると気持ちが変わりやすいという意味もあります。

これを会社生活に置き換えると、「3年目の転職」につながり、なぜかこの時期に転職をする人が多いといわれます。

その理由は、入社後3年も経過すると仕事や人間関係が一段落し、同時に周囲のことがよく見えるようになったからです。

仕事がよく身についてさらに頑張る人もいれば、一方で、自分の適性とのミスマッチ、合わない社風、我慢してきた人間関係の限界など、3年間の経験から確信を得て転職を決意するという流れがあります。

転職には3年目がいい理由

実際に、転職を考えるなら3年目がよいといわれます。理由は、この年代は「第二新卒」と呼ばれ、採用市場では有望ターゲットのひとつにされているからです。

具体的には、まず転職時の年齢でいえば20歳前半ということで、今後の期待値が非常に高いことです。もうひとつは、前職の経験が3年間しかないということは、前職の会社や社風に染まり切っていないことがあります。

どちらの理由も、採用したい会社からすれば今後時間をかけて、自社の社風や仕事に合うように教育していけることができます。加えて、社会人経験がない新卒と比べ、3年の間に多少のビジネスマナーや社会人常識を習得しているとメリットもあります。

3年目でも転職しない方がいいケース

しかし、3年目だからといって安易に転職しない方がいいケースもあります。転職すべきでないケースを見る基準は、転職を決意した理由です。

たとえば、現在の仕事と自分の適性のミスマッチがあるとしても、それが現在の社内での部署に関するものだったら、転職より先に部署異動で解決できる可能性があるということです。

また、人間関係が嫌になったのなら、転職先でもまた違った人間関係があるのは当然で、転職では解決できないものかもしれません。パワハラ、セクハラの横行している会社なら別ですが、嫌いな人がいる程度では転職する理由にはなりません。

仕事が楽しくなるのは3年目からが多い

一方で、仕事の「3年目」は、仕事が楽しくなる頃だという見方があります。仕事の習得手順には3段階あって、1年目「教えてもらって覚える」、2年目「自分でできるようになる」、3年目「人に教えられ、自分なりに工夫改善もできる」、というステップです。

仕事が楽しい、面白いと感じるのは「教えてもらって、できるようになった」という段階もありますが、仕事の充実感や達成感につながるのは「人に教え、改善し、成果を出す」という段階です。

この段階に達し出すのが3年目辺りというわけです。もしここまで到達していないなら、仕事の仕方に問題があるのかもわかりません。

仕事をしながらの転職活動が一番よい

転職は焦らないことです。3年目はひとつの節目であり、転職のきっかけでもありますが、即断して先に辞めてしまうと、あとで後悔する可能性もあります。

一番いいのは、現在の会社に籍を置きながら他社の研究をすることです。どんな業界があるのか、違う職種にどんなものがあるのか、そして他社の労働条件はどうなのかと、転職するために調べなければならないことはたくさんあります。

また、もう一度自己分析をしっかりすることです。転職の基本は、仕事を通じて自分を成長させる「キャリアアップ」です。転職することでそれが達成できるのか、現在の会社ではできないのか、と考えてみることが大切です。まずは転職エージェントに相談するとよいかもしれませんね。

転職エージェントを利用すれば、実際に転職しなくても自分の適正年収や、キャリアプランの相談に乗ってくれます。

まずは転職サイト、転職エージェントを気軽に利用してみましょう。

業種&年代など経歴特化型転職エージェントの紹介と比較 

転職したい!その思いに答える16のエージェント解説と、効率的な転職の仕方

マナラボが特におすすめする転職エージェント・転職サービスは以下のとおりになります。

それぞれの特徴を申し上げると、管理職クラス・外資希望の方ならJAC Recruitment・20代ならリクルートエージェントをおすすめします。

JAC Recruitmentはリクルート、dodaに次ぐ第三の売上規模を持ち、外資系に関してはTOPの人脈を持ちます。自分の実力を活かせる場を探している方は特におすすめです。

JAC

年収アップを実現したい方に。外資系企業への転職はJAC Recruitment

また、ハイクラスは他にビズリーチもございます。

ビズリーチ

リクルートエージェントは最大手で、まず転職すべきか、今の会社の方がよいのかの相談に乗っていただけます。転職案件は各年齢全般に渡って用意しているのも最大手ならではです。まずはご自身の経歴から、適正の年収なのかを相談していみてはいかがでしょうか?

r-agent

dodaは転職サイトとエージェントの両方の側面をもっています。とりあえずどんな求人があるのかな?と気になった場合はdodaがおすすめです。またdodaの登録はとても簡単でオレンジ色のボタンから必須項目を入れるだけで5分での登録が可能です。転職案件は20代から30代向けがもっとも多いようです。

またdodaには各業界の年収を知ることができるページもございます。
簡易的なものですが、一度利用してみてはいかがでしょうか。

doda