気になってはいるものの、少し難しそうなイメージもあるふるさと納税。しかしふるさと納税は自分の故郷だけでなく思い入れのある街を応援できて、その街の魅力となる返礼品をもらえる素晴らしい制度。そんなふるさと納税は地方の自治体でしか行えないわけではありません。東京都内の自治体にも色々な返礼品をもらえるところがあります。こちらの記事では東京のふるさと納税に関する詳しい情報が載っていますので、ぜひ最後までご覧ください。

ふるさと納税とは

ふるさと納税とは、簡単に言えば都道府県や市区町村への寄付のことです。基本的に自治体へ寄付をした場合は、確定申告を行えば寄付をした金額の一部が所得税や住民税から控除されます。

しかしふるさと納税の場合は、原則として自己負担額である2,000円を引いた全額が控除の対象となります。

ただし、全額が控除の対象となるといっても収入や家族構成などによって上限が設けられていますので注意しましょう。自治体へ寄付をする代わりに、その金額に見合った返礼品がもらえるのがふるさと納税のポイント。その街の特産品を選ぶことができ、ほしいものから逆算して寄付をするのもいいかもしれません。

ドコイクで学ぶ!ふるさと納税とはなにか、仕組みやメリットについての解説

日野市ってどんなとこ?

日野市は東京都のほぼ中心に位置し、「東京のへそ」という愛称でも親しまれている市です。人口は約18万人。都心から電車で30分と好アクセスが自慢で、豊富な自然やゆったりとした街並みがある癒しの街として知られています。また新撰組のふるさとであり、新撰組副長の土方歳三や六番隊長の井上源三郎らの出身地として有名です。新撰組に関連した資料館も数多くありますので、歴史好きにはたまらない街と言えるでしょう。特産品としてブルーベリーなどが知られています。

日野市 地図
多摩動物公園

 

東京都日野市のふるさと納税返礼品

新撰組のふるさとというだけあり、東京都日野市のふるさと納税返礼品も新撰組関連のものが多くなっています。具体的には新撰組のオリジナルグッズセットうどん図録セットなど。新撰組を題材として大ヒットした「薄鬼桜」の人気キャラクターが描かれた日野市限定の描き下ろしタペストリーも人気の品。また他には多摩地域最古のビール「TOYODA BEER」ステンレス製の昆虫の置物名刺入れマドモアゼルデザインの卓上ミラーなども返礼品として並びます。

 

昭島市ってどんなとこ?

昭島市は都心から35kmの位置にありJR青梅線、八高線、五日市線、西武拝島線が通る東京都内の氏です。水の街として有名で、なんと昭島市の水道は100%地下水が水源となっています。

その水はとてもおいしく、ミネラルウォーターと変わらないほど。この水のために市外から引っ越してくる人もいます。

1961年には全長16mにおよぶクジラの化石がほぼ完全な形で発見され、この化石は「アキシマクジラ」と名付けられました。「アキシマクジラ」の化石は現在国立科学博物館新宿分館に保管されていて、全体を見ることはできませんが胸椎と上腕骨のみ市役所1階のロビーに展示されています。

昭島市はクジラをシンボルとしたもので溢れており、「昭島市民くじら祭」などのイベントでも盛り上がっています。

昭島市

 

東京都昭島市のふるさと納税返礼品

そんな東京都昭島市のふるさと納税返礼品としては、まずはが有名。水の街ならではの返礼品ですね。一般的なミネラルウォータの約2倍のミネラル成分が配合された昭島水の特徴を生かしたオーガニックジェルも返礼品として人気。昭島生まれのケンちゃん餃子が有名なことから、ケンちゃん餃子の冷凍生餃子も返礼品として選ぶことができます。

 

八王子市ってどんなとこ?

八王子市は東京都の多摩地域南部に位置する市で、東京都では唯一の中核市に指定されています。人口は約58万人。周辺部も含めると23もの大学等があり、全国でも有数の学園都市として知られています。
特産品として八王子織物や地酒などが有名で、ふるさと納税返礼品にもこういったものが多く並びます。

高尾山が観光スポットとして人気があり、ケーブルカーを利用した登山ができるため数多くの登山客が訪れます。紅葉も非常に美しく、一度は訪れたい場所です。夏には花火大会や七夕祭りも開催され、様々なイベントで八王子市は活気が溢れています。

中でも最大の祭りは70万人を超す人出で賑わう八王子まつりです。
関東屈指とも言われる山車の装飾が名物で、数多くの山車がお囃子と共に甲州街道を練り歩く様は必見。重さ4トンを誇る「千貫みこし」を延べ1,600人の人たちが担ぐところも見応えがあります。

八王子

 

東京都八王子市のふるさと納税返礼品

先ほども少し触れましたが、東京都八王子市のふるさと納税返礼品には特産である八王子織物や地酒が多く並んでいます。八王子織物のネクタイなどは個性的なデザインでありながら使いやすい色柄となっており、ぜひ手に入れたい一品。

その他にも高級晴雨兼用傘など、ふるさと納税返礼品の選択肢が多くなっているのも八王子市の特徴。パッションフルーツも八王子市の特産品として有名で、パッションフルーツやブルーベリーを使用したチーズケーキなど、八王子手土産グランプリで受賞した品の詰め合わせも人気です。

季節のジャムや野菜詰め合わせなど工芸品だけでなく食べ物も充実しており、返礼品を考えるだけでなんだか楽しくなってきます。

 

 

武蔵村山市ってどんなとこ?

武蔵村山市は東京都の多摩地域、北部に位置する市。人口は約7万人で、狭山丘陵を挟み埼玉県に接しています。

地下1,500mから組み上げられる温泉、「村山温泉かたくりの湯」は地元の人からも市外の人からも親しまれ、平成29年の4月でオープン15周年を迎えました。「ひまわりガーデン武蔵村山」も観光スポットとして有名で、毎年5月の種まきには地元の小・中学生を中心とした数多くのボランティアが集い、街全体で一丸となって地元を盛り上げようと取り組んでいます。

また秋頃に開催される「村山デエダラまつり」も数多くの観光客が訪れるお祭りで、武蔵村山市内に古くから伝わる「デエダラボッチ」という巨人の伝説にちなんで名付けられました。

クライマックスではデエダラボッチをモチーフにした山車が登場し、毎年多くの人々で賑わいます。名産のかてうどんが有名で、かてと呼ばれる、地野菜を茹でたものなどの添え物と一緒に食べるのが特徴。古くから冠婚葬祭等の最後にはうどんを食べる習慣があり、武蔵村山市ならではの食文化です。

武蔵村山市からは富士山もみることができます。

東京都武蔵村山市のふるさと納税返礼品

東京都武蔵村山市のふるさと納税返礼品として外せないのはやはりかてうどん。100%国産の小麦を使って練られた生地を丁寧に切り上げた半生うどんです。

その他に自家製ブルーベリージャムや武蔵村山市産のお茶セット、伝統工芸品の名刺入れやネクタイなども並びます。また、武蔵村山市は長野県栄村と姉妹都市提携を結んでいるため、ふるさと納税返礼品としては珍しい「長野県栄村のペア宿泊券」などもあります。これを機会に豊かな自然の存在する長野県栄村へ旅行に出かけてみるのもいいかもしれません。

 

 

おわりに

ふるさと納税は、返礼品を通してその街の魅力を再発見することもできる素敵な制度です。思い入れのある街の発展に貢献できて、その街の名産品をもらえる、そんなふるさと納税に興味がある方はこの機会にふるさと納税を検討してみてはいかがでしょうか。