すでに多くの人が知っているように、ふるさと納税はお得な制度です。しかし、納税=寄付をして、税金還付を受けるまでの仕組みが分からず、挑戦できない人も多いのではないでしょうか。

ここでは、長崎県の返礼品などを解説していきます。

ふるさと納税とは

ふるさと納税とは、応援したい自治体を自分で選び、寄付をして、2,000円を超えた料金の分だけ住民税と所得税から控除される制度です。

寄付金額の上限は、年収や家族構成によって決まっています。また、税金の控除は、通常は確定申告で受けますが、確定申告をしない給与のみの所得者である場合は、「ワンストップ特例制度」という簡単な手続きが活用できます。

寄付した自治体からお礼の品(返礼品)と「領収書(寄附金受領証明書)」または「ワンストップ特例申請書(寄附金税額控除に係る申告特例申請書)」が届き、手続きを進めるだけです。

以下では更に詳しくふるさと納税の仕組みや、確定申告のやり方を解説しています。ふるさと納税について更に詳しく知りたい方は、この記事と合わせてご覧ください。

ふるさと納税の確定申告についてと確定申告を簡単にする制度の解説
ふるさと納税の仕組み、自治体の選び方から確定申告までの解説
わかりやすい!ふるさと納税とはなにか、仕組みやメリットについての解説

長崎県諫早市(いさはやし)ってどんなとこ?

諫早市(いさはやし)は長崎県のまんなかに位置する都市で、その人口は約13万人と長崎県で第3位を誇ります。

その周囲は有明海と大村湾、橘湾(たちばなわん)の3つの海に囲まれていて、長崎県内では交通の要所です。

豊かな自然と情緒ある人口造形物が魅力の都市です。観光スポットとして人気なのは「日本の歴史公園100選」にも選ばれている諫早公園には有名な眼鏡橋があります。戦国時代に築かれた城である高城跡を公園としたもので、市街地の中心にあるためアクセスもしやすく、全国から観光客が訪れます。

ツツジの名所としてもその名が知られています、時期を選んで公園へ行ってみるのもよいです。

コスモス花宇宙館も諫早市へ行ったら訪れてみたい場所でしょう。諫早市北部の標高330mの丘陵にあり、宇宙の神秘を学びながら天体学習もできる体験学習施設です。

館内では食事をすることもでき、食堂から見える景色は島原半島や有明海も見えて絶景です。市街地の喧騒から離れた場所で、落ち着いて長崎の景色を楽しめるオススメスポットでもあります。

長崎県諫早市のふるさと納税返礼品

長崎県諫早市ではうなぎを使った料理が郷土料理として親しまれています。ふるさと納税返礼品でもうなぎの蒲焼や白焼を選ぶことができ、蒲焼はもちろん白焼もうなぎ本来の味を楽しめると多くの人から高評価を得ています。

お肉では、有名な諫美豚(かんびとん)や長崎和牛などもあります。諫早のお米を食べて諫早で育った、上品な甘さとスッキリした脂身の諫美豚を召し上がってみてはどうでしょうか。

また、諫早市にある多良見町はみかんの名産地として知られており、小ぶりで皮が薄く糖度の高い「伊木力みかん」も返礼品として選べます。選べる返礼品の数は多く、きっと迷ってしまうでしょう。返礼品を選ぶのが楽しい長崎県諫早市です。

長崎県松浦市ってどんなとこ?

 

松浦市は長崎県の北部に位置する人口約2万人の都市です。離島なども市の範囲に含まれ、鷹島は観光スポットとして訪れる人も少なくありません。

弘安の役で元軍が台風により全滅したという言い伝えのある島で、歴史民俗資料館で当時の資料を見られ、歴史好きにはたまらない島です。

松浦市では一次産業が主要な産業で、マグロやトラフグ、クルマエビの養殖が盛んです。キンショウメロンやパッションフルーツ、ぶどうなども名産品として知られており、例年5月には道の駅「海のふるさと館」で松浦キンショウメロンまつりも開催されます。

長崎県松浦市のふるさと納税返礼品

長崎県松浦氏のふるさと納税返礼品として人気が高いのはやはり海産物。

松浦で水揚げされた魚を一夜干しにした干物セットや旬の魚の詰め合わせ、クルマエビも人気が高い返礼品です。

そしてフグの中でも一番の高級魚として知られる新松浦漁業協同組合のトラフグは、養殖生産において日本一の生産量を誇り、返礼品のフグのセットでもその美味しさを十分に味わえるでしょう。

長崎和牛も人気の高い返礼品です、ロースステーキやハンバーグを選ぶ人も多くなっています。

また松浦市のふるさと納税返礼品ではお酒も充実していて、麦焼酎「和一処」やパッションフルーツのリキュールなどはなかなか手に入らない一品です」松浦市の温泉旅館の宿泊券がもらえるなど、食べ物以外の返礼品も充実しています。

長崎県長与町(ながよちょう)ってどんなとこ?

長与町は長崎市の中心部から北東10kmの位置にある人口約4万人の町で、「みかんのまち」としてその名を知られています。

長与町は200年以上のみかんの歴史を持ち、米や野菜をはるかに凌ぐほどの作付面積を誇ります。

みかんが実る季節には山全体がみかん色に染まっていることでしょう。地産地消が推奨されており、町内で生産された安心・安全の農産物は町内にある「じげもん長与」や「まんてん」などの直売所で販売されています

直売所は新鮮な作物を求める人で賑わい、販売額も年々増加しています。

長崎県長与町のふるさと納税返礼品

長崎県長与町のふるさと納税返礼品として人気が高いのは、岩瀬本舗の角煮まんじゅうです

テレビで紹介されたこともあり、全国的に知名度の高い名物です。

岩瀬本舗には「角煮まんじゅうちゃん」というゆるキャラも存在するほどの人気ぶりで、雪の浦手造りハムのセットもとても美味しく、選ぶ人が多くなっています。また長崎県長与町では静かな住宅街の中に地下1400mから汲み上げられる天然温泉「ゆりの温泉」が人気。

弱アルカリ性単純泉の温泉で、地元の人も観光客も一日の疲れをゆっくりと癒せる場所です。このゆりの温泉の入浴券も返礼品として受け取ることができます。

長崎県時津町ってどんなとこ?

時津町は長崎県の南部に位置する人口約3万人の都市です。

「鯖くさらかし岩」は時津町を訪れたら必ず見るべきスポットでしょう。別名「継石坊主」とも呼ばれ、今にも落ちてしまいそうなのに全く落ちないことで有名な奇岩です。周囲には岩山もなく、なぜこのような姿になったのか現在もその成り立ちは謎のままです。

長崎県時津町のふるさと納税返礼品

時津町の特産品といえばナマコです波の静かな大村湾はナマコが採れやすい環境にあり、古くから地元民に愛されています。

さすがに新鮮なナマコそのものを返礼品として受け取ることはできませんが、ナマコ成分を配合した黒ナマコ石鹸が返礼品として選べます。

カステラ詰め合わせやみかん、長崎和牛なども時津町の返礼品として特に人気の高い品物です。クジラ肉でも有名な町で、以前はクジラ肉の問屋で賑わいました。

長崎県東彼杵(ひがしそのぎ)町ってどんなとこ?

東彼杵町は長崎県の東側、大村湾に面した人口約8千人の町です。

長崎県内で2番目に人口の少ない小さな町で、東彼杵町は交通の便がよいことが特徴です、古くから人と産物と情報が集まる長崎県の玄関口としてその名を馳せます。大村湾に面している斜面には棚田や段々畑がつくられ、みかんやいちご、お茶などが生産されています。

長崎県東彼杵町のふるさと納税返礼品

長崎県東彼杵町のふるさと納税返礼品では、名物であるクジラ肉のお手軽おつまみセットを選ぶことができます。また特産品として知られているそのぎ茶も人気の高い品です。お酒類も充実しており、東彼杵で収穫されたお米と緑茶を使用した珍しい焼酎がもらえます。

長崎県のふるさと納税返礼品紹介のまとめ

長崎県のふるさと納税返礼品について紹介しました。長崎県は観光地としても有名で、特産品も数多くあるまちで、他では手に入らない珍しい返礼品も多数あります。興味が湧いた方は長崎県へのふるさと納税を検討してみてはいかがでしょう。