就職試験の面接で聞かれたり、様々なビジネス関連のウェブサイトやコンテンツで目にしたりする言葉「キャリアプラン」。

キャリアプランを立て、自分の人生を適切にマネジメントしていくことは、現代人の思い描く成功や豊かさに繋がります。

今回は大きな可能性を秘めたキャリアプランを解説します。

また以下ではキャリアプランを立てることを仕事としたキャリアコンサルタントについて解説しています、この記事と合わせてご覧ください。
キャリアコンサルタントの仕事、なるために必要な資格や試験の解説

キャリアプランとは何か?

キャリアプランとは、人生における仕事に関係した展望を明確にし、能動的にプランニング・行動していくことです。

会社の面接などに答えるために一時しのぎで考えるものではなく、人生の様々な場面で修正・微調整を繰り返しながら運営していく必要があります。

キャリアプランは生活すべてに役立つ

キャリアプランが必要となるときは、いい換えれば自分自身で働き方を考え、能動的に行動していく必要があるとき、つまり現代社会で生きる際のすべてに関わります。

少し前の時代、日本では年功序列的に賃金が上がっていくことが一般的でした。しかし欧米からの文化の流入により、次第に一般企業では個人の能力やスキルが重要視され、報酬も個人の力量に依存するところが多くなりました。

今までのように「就職してしまえばその後の人生は安泰」ということは決してなく、企業が求める成果を出すことができなければ、誰にでもリストラなどにより職を失うリスクがあります。

キャリアプランを立てることの重要性は何か

人生において重要なキャリアプラン。明確なキャリアプランを持つことは人生を豊かにし、より多くの企業から求められる人材になれるでしょう。

先程申し上げたようにキャリアプランを立てることは、現代社会においては必須事項であるといっても過言ではありません。

キャリアプランを立てると、「時間」や「お金」への意識が高まる

キャリアプランを立てる上で最も重要となるのは目標設定とそれを達成するための道筋を考え、行動することです。

収入を上げるためのスキルアップは必要となり、それを最大限効率よくするために立てるのがキャリアプランです。

またキャリアプランを立てる上で「時間」と「お金」をどのように使うかは非常に重要なポイントです。人生において「時間」と「お金」は有限なものであり、キャリアプランを立てればこれらをバランスよく適切に配分できるようになります。

会社の面接でなぜキャリアプランを聞かれるのか

会社の面接でキャリアプランを聞かれる場面も多いです。これは会社側が受験者の目標と会社の理念や方向性が合致するか確かめるためです。

業務内容に不服があれば仕事に対するモチベーションを保って働くのは難しいものです。そういった問題を未然に防ぐために会社の面接ではキャリアプランを聞くことが多くなっています。

また本人の目標設定力を確かめ、それに向かってどのような努力をしているのか知りたいということも理由として挙げられます。

キャリアプランの立て方

キャリアプランの重要性は前項で述べた通りですが、いざキャリアプランを立てようと思ってもどうすればいいのかわからない方もいらっしゃるでしょう。わかりやすいようにある小学生の男の子のキャリアプランを例えにします。

ある小学生男の子のキャリアプランの例

将来はプロ野球選手になりたい(目標設定)

そのためにはどうすればいいか考える(目標達成のための道筋を立てる)

野球部に入る、もしくは私設のクラブに入る(目標達成のための行動)

社会人はキャリアプランをどうたてていくべきか

先程の小学生の男の子が実際にプロ野球選手になれるかどうかは、定かではありません。なぜならプロ野球選手というものは生まれ持った才能が必要になる職種だからです。

ただ一ついえるのはキャリアプランに関しては明確で、決して間違ったものではないということ。社会人に関しても明確なキャリアプランを立てることが重要であり、これができれば確実に人生は好転するでしょう。

キャリアプランに重要なのは目標設定

キャリアプランを立てる際、最初に行わなければならないことは目標設定です。先程の小学生の例では「将来はプロ野球選手になりたい」という箇所がこれに当たります。

例えば営業職の場合は「契約を10件取りたい」などでもよいでしょう。目標が明確になれば次に目標達成のための道筋を立て、あとは実際に行動していくだけです。

「自分は5箇所営業をかければ1件契約が取れる」と思う方でしたら、10件の契約を取るためには単純計算で50箇所に営業をかける必要があります。

これを考えるのが目標達成のための道筋を立てるという段階で、その後に実際に50箇所回るのが目標達成のための行動です。この例をわかりやすくまとめてみましょう。

キャリアプランの実例

キャリアプランの例
契約を10件取りたい(目標設定)

自分は5箇所営業をかければ1件契約が取れる(目標達成のための道筋を立てる)

実際に50箇所に営業をかける(目標達成のための行動)

ただ目標を定めて道筋を立てるだけでなく、期限やいつ何をするかなど具体的な展望も明確にできれば更に目標達成の可能性は高まるでしょう。

より具体的なキャリアプラン
今月は契約を10件取りたい

自分は5箇所営業をかければ1件契約が取れる

1週間あたり12.5箇所営業を行えば1ヶ月で10件の契約が取れる

企業側のキャリアプランを考えるには

会社の持つキャリアプランを考えるには、その会社や職種について自分で研究することが必要です。具体的には、会社の経営理念や経営状態、業績はどうなのか。

ライバル会社はどこなのか、同じ職種の企業においてその会社はどのような位置付けなのか、など。

面接でキャリアプランは具体的に話すとよい

面接でキャリアプランについて話す際に気をつけなければいけないのは、より具体的に話す必要があるということです。学生がいってしまいがちな「社会人として成長していきたいです」というのは悪い例。

キャリアプランを話すときは「いつまでに何をして、どのような道筋で目標を達成するのか」を具体的に伝えなければなりません。これができれば面接でも好印象を与えることができ、採用される可能性が上がります。

キャリアプランについてのまとめ

  • 「キャリアプラン」とは、人生における仕事に関する展望を明確にし、能動的にプランニング・行動していくこと。
  • 明確なキャリアプランを持つことは人生を豊かにし、より多くの企業から求められる人材になれるでしょう。
  • キャリアプランを行う上で最も重要となるのは目標設定とそれを達成するための道筋を立て、行動することです。
  • 収入を上げるためにスキルアップは必要となり、それを効率よくするために立てるのがキャリアプラン。
  • ただ目標を定めて道筋を立てるだけでなく、期限やいつ何をするかなど具体的な展望も明確にする方が好ましいです。
  • 会社の持つキャリアプランを考えるには、その会社や職種について自分で研究する必要があります。これができていれば、面接でキャリアプランを聞かれたときにも、自然と好印象を与える回答ができるはず。
  • キャリアプランについて適切な知識を持ち、的確なキャリアプランを立て、よりよい人生を送りましょう。