求人情報や転職サイトなどを見ていると「現場監督」という言葉を頻繁に目にする事があります。

以前から言葉は知っているけれど具体的にはどんな仕事なのか、どんな資格を持っていればなれるのかという内容は、実際に工事現場や施工現場などで働いている人以外に、はっきりと答えられる方は少ないでしょう。

現場監督は責任が多く、業務内容も多岐に渡る大変な職業です。現場監督の仕事についてや、現場監督の役割がどのようなものなのかを解説していきます。

以下では現場監督以外の職業紹介や、働く中で、別の職種に就こうと思った方に役立つ転職サイトについて取り上げています。興味のある職業に就くため、役に立つ情報を収集しましょう。

カイシャドコイク式!!各種転職サイト比較
ドコイクで学ぶ!様々なお仕事一覧

マイナビでは転職活動前に知っておくべきことについてを紹介しています。気になる方は一度ご覧ください。
マイナビ 転職活動を行う前に知っておくこと

現場監督とは何か?

現場監督とは、工事現場を監督する役割の事をさします。

工事現場には監理技術者の常駐が義務付けられているため、最低でも一人の現場監督が必要です。大きな現場となれば複数の現場監督が必要になる場合もあります。

現場監督の仕事内容

現場監督の仕事「工程管理」

現場監督の仕事内容は、主に作業工程の管理です。
土木工事・建設工事・住宅建築など現場の種類は多岐に渡ります、現場監督の最大の業務はこの現場の作業工程の管理を行うことです。

工事現場には複数の業者(下請け業者)が出入りします。この下請けに発注する業務の工程管理が不十分だと、指定した日にちまでに作業が終わらず、当時入る予定だった別の下請け業者の仕事に取り掛かれないといったトラブルが起こります。

また、工期が遅れる事で納期が遅れ、無駄な人件費が掛かったり、クライアントへの信頼を損ねるなどの弊害が出る恐れもあります。

そのため、現場監督は適切な作業時間と日時を計算し、無駄のないタイミングで作業工程を組みそれを指示、管理する必要があります。

現場監督の仕事「実行予算と発注作業」

現場や所属している会社にもよりますが、工程管理を行う現場監督が合わせて、実行予算の算出と、下請け業者や必要な材料等の発注を行います。

自社の利益率を計算しながら、下請け業者との値段交渉を行う事になるため、こちらも非常に重要な仕事です。

現場監督の仕事「計画書や各種書類作成」

作業工程・実行予算の算出・発注作業といった業務を行うと書きましたが、それらはすべて書類としていつでも確認できるように可視化する必要があります。

施工計画書・工程管理表・発注業者への見積り、その他必要書類を用意するのも現場監督の仕事です。

現場監督の仕事「説明会やクレームの対応」

また、現場監督は工事現場の責任者となりますので、クレーム対応や地元説明会などの対応も行います。

現場監督のやりがい

現場監督は大変な仕事ですが、その分仕事に置いてやりがいもあります。

現場監督のやりがい

  • 自分の管理した建物や工事が形として残る。
  • クライアント、利用者に喜んでもらえる。
  • 大変な分、経験と知識が蓄積されていく
  • たくさんの職人や業者とのつながりができる

現場監督の責任

現場監督は講じ現場を管理する代表ですので、責任も大きくなります。

現場監督の責任

  • 事故があったら責任を取る事になる
  • 構造的な欠陥や問題が出た場合は刑事責任に問われる場合もある。
  • 現場の工程優先となり、休みがとりにくく長時間労働になる事もある。

現場監督になるためには

現場監督になるには、資格が必要です。
現場によって必要な資格が変わりますが、建築士・施工管理技士といった資格が必要です。

資格が無くても現場監督になる事はできます。しかしその場合には長い実務経験が必要です。

マイナビでは設計、施工管理への転職成功事例を紹介しています、参考になる情報を自分の転職に役立てましょう。
マイナビ 転職成功事例 設計・施工管理

現場監督に必要な資格

施工管理技士

施工管理技士とは、施工管理技術検定は、建設業法第27条に基づく国家試験での事をさします。

資格の性質上、実務経験がある事が条件となり、受験資格にも実務経験が求められます。また受験申請書に経験年数を記載する欄があります。

現場ごとに資格の種類が異なります。自分がどの現場につきたいかによって取得する資格を選ぶ必要があります。

施工管理技士の種類

施工管理技士の等級と称号は以下の通りです。

建築機械
1級建築機械施工技士
2級建築機械施工技士
土木
1級土木施工管理技士
2級土木施工管理技士
建築
1級建築施工管理技士
2級建築施工管理技士
電気
1級電気工事施工管理技士
2級電気工事施工管理技士
管工
1級管工事施工管理技士
2級管工事施工管理技士
造園
1級造園施工管理技士
2級造園施工管理技士

資格を取得するために必要な実務経験

施工管理技士の資格を取得するためには学歴と受験種目に関する実務経験が必要です。

指定学科卒業の場合の実務経験
大学卒・・・3年以上
短大卒・高専(5年制)卒・・・5年以上
高校卒・・・10年以上(資格合格後は5年以上)
その他・・・15年以上
指定学科以外卒業
大学卒・・・4年6か月以上
短大卒・高専(5年制)卒・・・7年6か月以上
高校卒・・・11年6か月以上
その他・・・15年以上

上記のいずれの場合も1年以上の指導監督的実務経験が必要です。現場だけでの経験では受験資格にならないため注意が必要です。

また、小学校、中学校、高校卒業の場合であっても、「専任の主任技術者」として1年以上の指導監督的実務経験があれば上記の受験資格が2年短縮されます。

現場監督の仕事や、なり方についてのまとめ

  • 現場監督の業務は、工事現場の工程管理・作業指示・予算組み・発注・説明会・クレーム対応など幅広く、労働時間が長くなりやすい。
  • 責任は非常に大きいが、形に残るやりがいのある仕事ができる。
  • 現場監督になるためには、実務経験と国家資格が必要。
  • 施工管理技術士は、種類が多岐に渡るため自分がどの現場に着くかによって取得する資格が変わる。
  • 施工管理技士の受験資格は、指定学科の大学卒の場合でも3年の実務経験が必要となる。
  • 指定学科以外で小・中高校卒の場合の実務経験は15年以上必要となるが、「専任の主任技術者」として1年以上の実務経験があれば受験資格が2年短縮される。

 

ここまでお読みいただきありがとうございました。
以上で現場監督の仕事についての解説を終わりますが、ここからは転職を考える方に向けた転職支援サイトの紹介をいたします。自分に適した職種に就くために、様々なサービスを学んでいきましょう。

転職エージェントを利用すれば、実際に転職しなくても自分の適正年収や、キャリアプランの相談に乗ってくれます。

まずは転職サイト、転職エージェントを気軽に利用してみましょう。

業種&年代など経歴特化型転職エージェントの紹介と比較 

転職したい!その思いに答える16のエージェント解説と、効率的な転職の仕方

マナラボが特におすすめする転職エージェント・転職サービスは以下のとおりになります。

それぞれの特徴を申し上げると、管理職クラス・外資希望の方ならJAC Recruitment・20代ならリクルートエージェントをおすすめします。

JAC Recruitmentはリクルート、dodaに次ぐ第三の売上規模を持ち、外資系に関してはTOPの人脈を持ちます。自分の実力を活かせる場を探している方は特におすすめです。

JAC

年収アップを実現したい方に。外資系企業への転職はJAC Recruitment

また、ハイクラスは他にビズリーチもございます。

ビズリーチ

リクルートエージェントは最大手で、まず転職すべきか、今の会社の方がよいのかの相談に乗っていただけます。転職案件は各年齢全般に渡って用意しているのも最大手ならではです。まずはご自身の経歴から、適正の年収なのかを相談していみてはいかがでしょうか?

r-agent

dodaは転職サイトとエージェントの両方の側面をもっています。とりあえずどんな求人があるのかな?と気になった場合はdodaがおすすめです。またdodaの登録はとても簡単でオレンジ色のボタンから必須項目を入れるだけで5分での登録が可能です。転職案件は20代から30代向けがもっとも多いようです。

またdodaには各業界の年収を知ることができるページもございます。
簡易的なものですが、一度利用してみてはいかがでしょうか。

doda