キャリアコンサルタントは、コンサルタント資格の中でも人気のある資格で、平成28年4月から国家資格となり注
目されています。

キャリアコンサルタントはどんな仕事なのか、活躍する場所はどこか、そして資格を取得するためにはどうすればよいかについて解説します。

キャリアコンサルタントとは

キャリアコンサルティングとは?

キャリアコンサルタントはひと言でいえば、「キャリアコンサルティング」をする仕事です。

キャリアコンサルティングとは、労働者の職業の選びや、職業生活設計、職業能力の開発及や向上に関する相談に応じ、助言や指導を行うことです。

要約すると、就職を希望する人が、どんな仕事を選べばいいのか、またその仕事に就くためにはどんな能力を開発していけばよいのかなど、働くことについての相談・アドバイスする事がキャリアコンサルティングです。

キャリアコンサルタントとは?

キャリアコンサルタントとは、前述の「キャリアコンサルティング」について、専門的知識に裏付けされた国家資格で、就職を希望する人などに相談やアドバイスをする人のことです。

新卒での就職にせよ転職にせよ、自分に一番あった仕事や就職先は自分で探すというのが基本とはいえ、難しい場合もあります。

会社の選び方、自身の向き不向き、また労働条件はじめ具体的な仕事内容など、求職者にはわからないこともあり、これに適切なアドバイスをしたり、相談に乗ったりするのがキャリアコンサルタントです。

国家資格としてのキャリアコンサルタント

キャリアコンサルタントが国家資格になった背景

キャリアコンサルタントが国家資格になった背景には、近年の社会環境の変化があります。

働く人の価値観や意識が多様化し、また企業による社員の雇用の形態も多様化してくると、働きたい人と欲しい人材が一致するというマッチングがだんだん難しくなります。

また、IT化やAI化の進展は、働く上で必要な能力にも影響し、たとえばこれまで重宝されていた能力が陳腐化するということも起こっています。これは、労働需給のミスマッチや就業率の低下につながりかねません。

民間でもキャリアカウンセラーやキャリアアドバイザーの名前でキャリアコンサルティングを行う会社はたくさんありました。ですが内容にバラツキがあったのと、前段の社会的な環境変化を受け、国として「名称独占資格」として広めようとしたのが背景です。

キャリアコンサルタントが活躍する場所

キャリアコンサルタントが活躍する場所は、就職希望者に対して職業相談、能力開発相談を行う、民間人材(紹介・派遣)会社、ハローワーク等公的な需給調整機関、大学など教育機関(キャリアセンター)、若者自立支援機関などが主な場所です。

また、一般企業においても、人事部や総務部などに所属し、キャリアコンサルタントとしての知識や技能を使いながら、能力開発や社員教育に力を発揮する場面もあります。

キャリアコンサルタントになるには?

キャリアコンサルタントの受験資格

次のいずれかの要件を満たした方が受験できます。

  • 厚生労働大臣が認定する講習の課程を修了した者
  • 労働者の職業の選択、職業生活設計又は職業能力開発及び向上のいずれかに関する相談に関し3年以上の経験を有する者
  • 技能検定キャリアコンサルティング職種の学科試験又は実技試験に合格した者
  • 上記の項目と同等以上の能力を有する者

キャリアコンサルタントの難易度

平成28年4月に国家資格となって以降、実施された試験の合格率は第4回を除き約50%前後で、これを見る限り難易度は比較的低いです。

第1回(平成28年8~9月)全体合格率47.6%(学科試験合格率77.8%・実技試験合格率60.0%)以下同様

第2回(平成28年11~12月)55.6%(75.7%・64.6%)

第3回(平成29年2~3月) 49.3%(64.3%・63.2%)

第4回(平成29年5~6月) 20.5%21.3%・68.9%)

第4回は合格率は20.5%と極端に落ちていますが、内訳をみると学科試験が21.3%と激減したのが原因とみられます。

ちなみに、平均点が公表されていますが、
第1回~第3回の学科試験の平均点が、74.9点、74.5点、71.9点と軒並み70点以上だったにもかかわらず、
第4回の学科試験の平均点は62.6点なことが影響しています。

つまり、学科試験の点数が最低ラインである70点をクリアできないと、一気に合格率は下がります。

キャリアコンサルタント試験の内容

試験科目は次のとおりです。

1.職業能力開発促進法その他関係法令に関する科目
2.キャリアコンサルティングの理論に関する科目
3.キャリアコンサルティングの実務に関する科目
4.キャリアコンサルティングの社会的意義に関する科目
5.キャリアコンサルタントの倫理と行動に関する科目

 キャリアコンサルタント試験の勉強方法

キャリアコンサルタント試験の勉強方法の基本は以下の物です

  • 「参考図書の活用」
  • 「各種講習への参加」
  • 「過去問のチェック」

具体的には、厚生労働省が認可した次の2つの試験実施機関(特定非営利活動法人)から様々な情報が発信されていますので、これを参考にするのが一番近道です。

1.日本キャリア開発協会

https://www.j-cda.jp/(ホームページ)

https://www.jcda-careerex.org/past.html(過去問題)

2.キャリアコンサルティング協議会

https://new.career-cc.org/(ホームページ)

https://www.career-shiken.org/past.html(過去問題)

キャリアコンサルタントまとめ

  • キャリアコンサルタントは、キャリアコンサルティングといって、「就職を希望する人が、どんな仕事を選べばいいのか、またその仕事に就くためにはどんな能力を開発していけばいいのかなど、働くことについて相談やアドバイスをする」専門資格保有者のことです。
  • 働く人の価値観および企業の雇用形態の多様化などを背景に、平成28年4月から国家資格となり、民間人材(紹介・派遣)会社、学校、ハローワークなどの公的機関などを中心に、今後の活躍が期待されています。
  • 試験は、職業能力開発促進法などの法令やキャリアコンサルティングの理論などの学科試験とコンサルティング実技の両面から実施されます。
  • これまでの合格率は約50%前後で、合格率を見る限りでは難易度は比較的低いといえます。筆記試験で7割以上、実技で9割以上がボーダーラインです。
  • 試験の実施機関である2つの団体から、受験に関する情報や勉強方法の情報を得るのが近道です。

 

転職エージェントを利用すれば、実際に転職しなくても自分の適正年収や、キャリアプランの相談に乗ってくれます。

まずは転職サイト、転職エージェントを気軽に利用してみましょう。

業種&年代など経歴特化型転職エージェントの紹介と比較 

転職したい!その思いに答える16のエージェント解説と、効率的な転職の仕方

マナラボが特におすすめする転職エージェント・転職サービスは以下のとおりになります。

それぞれの特徴を申し上げると、管理職クラス・外資希望の方ならJAC Recruitment・20代ならリクルートエージェントをおすすめします。

JAC Recruitmentはリクルート、dodaに次ぐ第三の売上規模を持ち、外資系に関してはTOPの人脈を持ちます。自分の実力を活かせる場を探している方は特におすすめです。

JAC

年収アップを実現したい方に。外資系企業への転職はJAC Recruitment

また、ハイクラスは他にビズリーチもございます。

ビズリーチ

リクルートエージェントは最大手で、まず転職すべきか、今の会社の方がよいのかの相談に乗っていただけます。転職案件は各年齢全般に渡って用意しているのも最大手ならではです。まずはご自身の経歴から、適正の年収なのかを相談していみてはいかがでしょうか?

r-agent

dodaは転職サイトとエージェントの両方の側面をもっています。とりあえずどんな求人があるのかな?と気になった場合はdodaがおすすめです。またdodaの登録はとても簡単でオレンジ色のボタンから必須項目を入れるだけで5分での登録が可能です。転職案件は20代から30代向けがもっとも多いようです。

またdodaには各業界の年収を知ることができるページもございます。
簡易的なものですが、一度利用してみてはいかがでしょうか。

doda