指示待ち人間とは一般的に指示がなければ自ら率先して動こうとしない人のことです。指示を出す側も毎回細やかな指示を出していたのでは余計な時間を取られてしまうので、できるなら自分で考えて行動できる人になってもらいたいものです。

この記事では指示待ち人間の特徴や、なってしまう原因、その対応策について説明していきます。

指示待ち人間の特徴

指示待ち人間は見方を変えれば指示どおりに仕事をこなしてくれるために優秀とも取れますが、「こういった場合はどうしたらよいですか?」などと毎回聞かれていたのでは時間も手間もかかってしまいます。

それを改善するために、まずは指示待ち人間の特徴を上げていきます。

指示待ち人間は臨機応変に対応できない

マニュアルは仕事の効率化を図る上で欠かせないものではありますが、どのような場面でもマニュアルどおりにしか行動ができない人は、イレギュラーなことが起こってしまうとどう対応したらよいのか分からなくなってしまいがちです。

結果として、その都度指示を仰いだり、どうしたらよいのか分からないので問題を後回しにしたりということが起こってしまいます。

指示待ち人間は決断ができない

特にビジネスの場では絶えずいくつかの候補のなかから最良の選択を求められる場面が現れるので、決断力のない人は仕事を進めることに時間がかかってしまいます。

例えば、「A案とB案があるから自分のやりやすいほうで進めて」と指示があった場合、決断力があれば「こちらが自分に合っているからA案で」と決めることができますが、決断力がないと「A案も魅力だしB案も魅力」となかなか決めることができません。

時間は有限ですので、結局「もういいからA案で進めて」と指示を出すこととなるでしょう。これでは指示がなければ動けない人と思われても仕方がありません。

指示待ち人間は自分の意見を言わない・言えない

例えば「こういったことをしてくれ」と指示を出された場合、「○○の点を△△にしてはいかがでしょうか?」と意見を言ってくれる人は、自ら考えることができる人とみなされることが多いでしょう。

もちろん、自分の意見を出しすぎると「いいからいうとおりに動いてくれ!」と怒鳴られてしまう可能性もありますが、自分で考え意見を出せる人は職場でも重宝されやすいです。

反対に毎回意見を言わなかったり言えなかったりすると、「何も考えていないのでは?」「言われたとおりにしか行動できない」などと思われてしまい、結果として指示待ち人間と評価されてしまいます。

指示待ち人間は質問できない

ときには指示内容が不明確で仕事をする上で疑問点が生じることもあるでしょう。(何)そういったときに質問できないでいると、何をどうしたらよいのか分からなくなり、結局(修)何もせずに過ごしてしまう場面も出てくるかと思います。

これでは仕事も回りません、「細かい指示がないからやりませんでした。」とするようでは、よい評価を得ることはできません。

指示待ち人間は優柔不断な傾向がある

優柔不断な人は「自分のこの決断は本当に正しいのか?」と不安になったり、過去の失敗などから決断することに弱腰になったりする傾向にあります。

確かに失敗はできるだけ回避したいものですが、必要以上に悩んでしまうと結局自分では何も決められないという事態に陥ってしまう可能性があります。

指示待ち人間は責任感がない

お金をもらっている以上、仕事に対しての責任感は必要です。責任感のある人は「どうしたらもっとうまくできるだろうか?」と考えたりもしますが、責任感がない人は何事も他人任せにしてしまいがちになるので、「この指示さえやっていれば他は誰かがやってくれるだろう」と思ってしまうことがあります。

性格における責任感がある人の特徴とビジネスでの適切な役割

指示待ち人間になる原因

指示待ち人間の特徴としては上記のようなことが考えられますが、指示待ち人間が育ちやすい環境というものもあります。

例えば指示が完璧すぎる場合、出された側もそれ以上は疑問を持たずに指示をこなすことしかできなくなってしまいます。間違ったことをするとすぐに怒られてしまう環境では自分で考え行動することにためらってしまう人も出てくることでしょう。

指示待ち人間への対応

仕事をする上ではやはり自分で動ける人材になってもらいたいものです。まずは「なぜ指示を待ってしまうのか?」について考えてみるのも必要でしょう。

例えば過去に「こちらは気を利かせたつもりだったのに怒られてしまった」経験がある人は、「自分の意見を出すと怒られるから指示を待ったほうが楽」と考えてしまうのではないでしょうか。

このように指示待ち人間となる理由は人によって違うはずです。指示内容や職場環境なども考慮しながら原因を探ることが解決への道となるでしょう。

指示待ち人間から脱却する方法

では反対に、「自分は指示待ち人間かもしれない」と感じた場合、抜け出すにはどういった方法が考えられるかを解説します。

自分の意見を伝える

自分の考えは相手に何も言わなければよほどのことがない限り伝わりません。まずは「自分はこう考えている」と伝えてみるのも手です。

指示を出す側もただ単に仕事をこなされるよりかは「ちゃんと考えて行動してくれている」という態度が見えるほうがうれしいものです次回からはその人の価値観を考慮しながらの分かりやすい指示となることも考えられます。

周囲を観察する

周囲を観察するということは自分の周りがどのように動いているのかを知ることにつながります。あいまいな指示があった場合にも「どうしたらよいのか分からない」とはなりにくく、「いつもは○○だから今回も○○しよう」と自ら考えて行動できることにつながります。

短期目標やゴールを設定する

どんなときでも指示だけを待ってしまうとそれ以上の行動はなかなか望めません。簡単なものでもよいので目標やゴールを設定すると「最終的には○○の状態となるようにしたいのだからこの場合は△△をしよう」などと考えるきっかけとなり得ます。

指示待ち人間についてのまとめ

指示待ち人間には「臨機応変に対応できない」「決断できない」などの特徴が見られます。しかし、指示待ち人間になってしまう原因はその人の性格だけでなく周りの環境によることもあります。そういった点も踏まえながら指示や指導をしていくとよいでしょう。

また、指示待ち人間から脱却する方法としては「周囲を観察する」「目標を設定する」などが考えられます。自ら動けるようなきっかけを作ることが重要だといえます。